10年ほど前に『ヒト幹細胞培養液』と出会い、その機能性とそこから広がる可能性に胸を躍らせました。


一方、日本のコスメのテクスチャー技術は世界トップクラス。”しっとりと潤うのにサラサラ”のような、他国ではまねできないテクスチャーを次々に叶えてきました。しかし日本のスキンケアは、肌に足りない成分を補う、肌トラブルを一時的に和らげるという、いわゆる”対処療法”で、根本から改善するものではありませんでした。優れたそのテクスチャーゆえに、これまでのスキンケアに満足している方も多いのも事実ですが、果たして本当にこれでいいのか?という疑問を常に抱いておりました。


そんな時に出会ったのが『ヒト幹細胞培養液』だったのです。
安全でかつ効果効能の高いこの成分なら、日本女性に根本的な美しさをお届けできる―
そんな思いから生まれたのが〈ACTIVART(アクティバ―ト)〉です。


コスメは、優れた成分をふんだんに使えばいいというわけではありません。どういう技術を組み合わせて、その優れた成分をいかに浸透させ、効能効果を発揮させるその優れた成分をいかに浸透させ、効能効果を発揮させるのかというレシピが重要になります。『ヒト幹細胞培養液』などの優れたアクティブ成分(=Active)に、最新の浸透技術(=Art)を融合させる。〈ACTIVART〉のネーミングの由来はここにあります。


試行錯誤の末、ようやく納得できる3アイテムが完成しました。

『ヒト幹細胞培養液』を日常使いしてもらうための「SCブースターローション」

『ヒト幹細胞培養液』の素晴らしさをさらに実感できるスペシャルケアアイテム「SCインプライムマスク」

そして、薄毛に悩まされている約60万人の日本女性の頭皮を根本改善するための「SCスカルプローション」

まずはこの3アイテムを、肌や頭皮に悩みを抱える方々にお届けしたいと思います。


皆様に毎日続けてたっぷりと使っていただけるよう、ボトルやパッケージはコストを抑えシンプルに。
使うほどに、その素晴らしさを実感できる〈ACTIVART〉シリーズで、一人でも多くの方が、本来の美しさを取り戻すことができますように―。


コスメシューティカル株式会社
野中 秀訓