ゆらぎ肌対策には、やっぱりバリア機能の強化!

4月のお肌悩み
普段通りのスキンケアをしていても、お肌のカサつきやかゆみ、赤み、吹き出物などのトラブルを抱える、という声をよく耳にします。それこそ、お肌がゆらいでいる証拠です。そこで今回は、ゆらぎ肌の原因を探りながら、 “お肌のバリア機能”を強化するためのご提案をいたします。

 

お肌ストレス
ポカポカと暖くなる4月ですが、実はお肌にとっては過酷な時季です。冬から続く乾燥のほか、急増する紫外線量、花粉や黄砂、PM2.5の飛散などによるダメージも大きいのです。さらには、年度の切り替えの時季であり、異動などによる新しい人間関係で緊張感が続いていることも。そうなると自律神経の乱れからホルモンバランスが崩れて、いつの間にか吹き出物ができていたり、お肌がガサガサになったりするなど、肌トラブルとして表面化することもあります。

 

気をつけたいお手入れ
①まずは保湿
バリア機能の低下したお肌は、角層がめくれていたり、肌内の細胞の層が乱れたりして刺激を感じやすい状態なので、丁寧にしっかり保湿をしてあげましょう。化粧水と美容液を基本に、乳液または保湿クリームを使いトータルな保湿ケアを行うことが大切です。

②紫外線対策
紫外線は、乾燥肌の原因となるだけでなくお肌を酸化させ、肌老化を進めてしまいます。肌にたるみをもたらし、シワやほうれい線、たるみ毛穴を早く目立たせるのです。とくに紫外線A波が、真皮まで到達して線維芽細胞を劣化させ、コラーゲン、エラスチンにダメージを与えるからです。外出時は、日焼け止め、長袖の衣類、サングラスなどを着用して紫外線対策を行いましょう。

 

 

アクティバートの今月のおススメ

 

 

●上質なミルク美容液『アクティバート for デイリー SCデュアルミルク』
「ヒト幹細胞培養液」「ヒアルロン酸ビタミンC誘導体」「アンチエイジングペプチド」に加え、上質な「シアバター」と「スクワラン」も配合。「デュアルミルク」という名の通り、「水分と油分」の2つのバランスを兼ね備え、これ1本で乳液と美容液の両方の役割を果たす優れモノ!バリア機能UPには欠かせないアイテムです。

 

※乾燥しやすい目元や口元に重ね塗りするなど、適度に油分を補うことが大切です。革製品に油を塗ると表面がなめらかになるように、油分によって補われた皮脂膜が肌をやわらかくなめらかにしてくれます。

 

 

 

 

●スペシャルケアに『アクティバート for デイリー SC インプライム マスク』
ヒト幹細胞培養液配合のスペシャルケアマスク。さらに「ビタミンC誘導体+ヒアルロン酸」、「DDSペプチド」(アンチエイジングペプチド)まで配合! しかも、ココナッツウォーター(ナタデココの原料)から生まれた植物由来のシート素材「バイオセルロース」が高い密封性で肌に吸いつくようにフィットし、バリア機能を高める美容成分をお肌に届けてくれます!

 

ゆらがないお肌づくり
そしてゆらがないお肌のためには、睡眠も大切です。夜の10時~翌午前2時が成長ホルモンの分泌される時間帯とされ、“肌のゴールデンタイム”とも呼ばれています。成長ホルモンの分泌が活発になり、お肌の修復がさかんに行われ美しい美肌を育んでくれますので、出来る限りこのあいだは睡眠を取るようにしましょう。毎日決まった時間に寝室に入るなど睡眠サイクルを整えるだけで、自分に合った“ゴールデンタイム”を作り出すことができるでしょう。

2019.4.1

管理者

TAG

ARCHIVES