春なのにお肌の調子が悪い?肌の不調の原因とケア方法を考えてみましょう

 

桜の季節もそろそろ終わり。

寒さも和らぎ過ごしやすい季節になってきましたが、肌の調子はいまいち……という方も多いのではないでしょうか。

 

春は、花粉や黄砂、環境変化によるストレス、紫外線、昼夜や日々の寒暖差などの影響を受け、乾燥肌や過敏に傾きがちなゆらぎ肌になることが多い季節です。

今回はその原因とこの時季の肌にオススメのスキンケアをご紹介します。

 

春の不調肌の原因とは?

 

1)花粉や黄砂、PM2.5などの空気汚染物質

春は、気温が過ごしやすくなった半面、花粉症に悩まされている方も多いはず。

春はスギやヒノキ、ブナなどの花粉が⾶散しています。

今年は飛散量が多いという報道も出ていますね。

 

また、⻩砂やPM2.5 の濃度が上昇する傾向があることも特徴的です。

肌がこれらのアレルゲンからの攻撃にさらされることで肌荒れや乾燥肌につながります。

このほか、春⾵などによって汚れが顔に付着しやすく、肌荒れなどを引き起こすリスクもあることを理解しておきましょう。

 

2)新生活など環境変化によるストレス

春から入学、就職、転職、移動、引っ越しなどで新生活をスタートした方もいらっしゃいますよね。

それらの環境変化は、知らず知らずのうちにストレスとして蓄積してしまうよう。

ストレスが溜まると、⾃律神経が乱れ、ホルモンバランスが崩れやすくなります。

その結果、乾燥肌になったり、⼀時的な敏感肌であるゆらぎ肌になってしまったりすることがあるのです。

 

3)紫外線ダメージ

年間の紫外線量に注意が必要なのはちょうど3月後半くらいから。

紫外線のダメージを受けることで、肌のバリア機能が弱まり、⽪脂が減って乾燥肌を⽣じさせることがあります。

紫外線対策は⼀年を通して必要ですので、春も忘れずにケアをすることが⼤切です。

 

4)昼夜や⽇々の寒暖差

温かい日が続いたと思ったら、急に寒くなる……

最近は日によって気温の差が大きいですよね。

また、1日の中でも朝夕と日中の気温差を強く感じる日が多いです。

 

気温の差が激しいと、肌がついていけなくなり、油分と⽔分のバランスが崩れてしまいます。

急激な寒暖差は自律神経の乱れも引き起こし、肌トラブルの原因にもなります。

 

5)冬の乾燥ダメージの影響

冬の乾燥の影響が春になって、肌に現れることもあります。

冬の乾燥によって肌がダメージを受けて弱っているところに、気候の急激な変化などが重なり、⼀気に悪化してしまうことがあるのです。

とくにエイジングケア世代になるとセンサーとしての⽪膚のはたらきも低下しているため、環境変化に弱くなっています。

 

春の乾燥肌、ゆらぎ肌の予防と対策ためのスキンケア

 

このように春の肌は、様々な原因によりバリア機能が弱まっている状態。

保湿などのスキンケアで肌のバリア機能を保つことが大切です。

 

そんな春のスキンケアにオススメのアイテムがアクティバートforデイリーのモイスチャーミルク「SC デュアル ミルク」。

シリコンやパラベンを使用せず、アクティバートシリーズに配合している3つのアクティブ成分(ヒト幹細胞培養液・ヒアルロン酸ビタミンC誘導体・アンチエイジングペプチド)に加え、シアバターとスクワランを配合することで、乳液と美容液の役割を果たすアイテムになっています。

 

また、アクティバートforデイリーのキー成分であるヒト幹細胞培養液は、再生医療の現場でも使われている成分で、代謝や肌の働きを活性化しバリア機能の回復をサポート。

ビタミンCも肌を健康な状態に導くために欠かせない成分です。

 

さらに、肌が敏感な状態に傾いている時は、化粧品を塗る際の摩擦が与える影響も考えたいもの。

アクティバートforデイリーの「SC ブースターローション」で肌を整え、「SC デュアル ミルク」を保湿ケアアイテムとして使えば、2ステップでスキンケアが完了します。

 

肌が敏感だ、ゆらいでいると感じている人はもちろん、そうならないための予防としても。

この春はアクティバートforデイリーのスキンケアを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

2019.4.10

アクティバート編集部

TAG

ARCHIVES