6割以上の女性が感じる薄毛不安 気になった時から始めるスカルプケア

 

薄毛に対して不安はありませんか?

 

先日、株式会社リクルートライフスタイルに設置された美容に関する調査研究機関であるホットペッパービューティーアカデミーが「薄毛に関する意識調査2017」の結果を発表しました。

 

Q.今後や将来を考えた時、薄毛についてどの程度不安に思っていますか(単一回答)

出典:ホットペッパービューティーアカデミー「薄毛に関する意識調査2017」

 

これによると、20~50代までの6割以上の女性が薄毛について不安を感じていると答えています。「もしかして私の髪って薄いのかも?」「以前よりも少なくなった気がする…」「将来、薄毛になったらどうしよう」「最近、抜け毛が多い気が…」そのように思っているのは、あなただけではないかもしれません。

 

 

薄毛が気になりはじめたら、早めのケアで安心を

 

Q.薄毛について、あなたは誰の目が気になりますか。(複数回答/上位5項目)

(出典:ホットペッパービューティーアカデミー「薄毛に関する意識調査2017」

 

薄毛について気になる目線として、女性は同姓を気にしている傾向にあります。女性は、ファッションやメイクなど同姓の様々な変化に敏感に気づくからこそ、薄毛についても「何か思われているのではないか…」と気になってしまうのかもしれませんね。

 

どんなに仲が良くても「髪の毛、薄くなってない?」とは言いづらいもの。また、毛髪は本来の髪質や毛量などにも個人差が大きく、本人が感じていることと他人が見た目線は違います。また、日常生活の習慣が、脱毛の原因に繋がっている可能性も!たとえば、毎日ゴシゴシとシャンプーをして頭皮の皮脂を落としすぎると、乾燥が進み、頭皮のバリア機能まで低下してしまいます。また、頭皮のターンオーバーは夜に行われるので、夜寝る前に頭皮が清潔でないと、髪の成長に影響する可能性があります。さらに、偏食や過度なダイエットなども薄毛の原因のひとつなんです。

 

気になった時から、早めのケアをして安心しましょう。「ケアをしている」という安心感がストレスを払拭し、心が身体に及ぼす影響も少なくなります。実はストレスも薄毛の原因に直結しています。

 

 

薄毛ケアは「成長期を伸ばす」こと

 

髪には成長期(2~6年)、退行期(2週間程度)、休止期(3〜4ヶ月)といったヘアサイクルがあります。毛髪は1本1本ヘアサイクルが異なり、脱毛の時期がずれるため、通常は一度にまとめて抜けることはありません。日本人の髪は平均で約10万本あるといわれ、ヘアサイクルから考えると1日あたり50~100本程度の髪が抜けるのは自然な現象なのです。ただ、短く細い抜け毛が増えてきたら、薄毛になりかけている可能性があります。それは成長期が短くなってきているからです。薄毛ケアは、成長期を伸ばすこと。

 

そのためには、早めに毎日のケアを続けることが大切です。薄毛ケアは気になった時から始める、これはヘアサイクル的にも効果的です。

 

 

健やかな髪は健やかな頭皮から「SCスカルプローション」で頭皮ケアを

 

 

そんな気になる薄毛ケアにオススメしたいのが「SCスカルプローション」。

 

アクティバートforデイリーがキー成分とするヒト幹細胞培養液には、頭皮のケアから発毛サイクルに有効な成長因子を豊富に含んでいます。そのヒト幹細胞培養液を、あえてリポソームありとなしの2種類配合することで、発毛や育毛のメカニズムにアプローチ。さらに、トリペプチド、ナイアシンアミド、サリチル酸など、髪育に不可欠な有効成分も配合しています。

 

ポイントは、洗髪後の清潔な頭皮に使うこと。シャンプーなどで皮脂や汚れを落として頭皮を清潔にし、毛穴に汚れが詰まっていない状態で使用するのが基本です。十分なタオルドライの後、頭皮に10〜17プッシュを数カ所に分けてスプレーします。通常のみなさんの感覚では、このようなアイテムの使用量は4~5プッシュ程度かもしれませんね。しっかり頭皮に働きかけることで効果を発揮しますので、たっぷりと使用量を使いましょう。

 



 

そして、両手で優しくマッサージしていきます。5本の指の腹を全て使って、指を滑らすようにしっかりと。頭皮に対するアプローチももちろんですが、同時にリフトアップも期待でき、顔全体の雰囲気も若々しく変化していくはず。ヒト幹細胞培養液を中心とした贅沢な成分がじっくり働きかけ、強く美しい髪に。

 

「SCスカルプローション」は、既に薄毛が気になっている人はもちろん、将来の薄毛に不安を抱いている人にもオススメのアイテムです。

 

ぜひ、気になった時から、ケアを始めてみてくださいね。

2017.11.13

アクティバート編集部

TAG

ARCHIVES